英国で評判、半裸の執事コンパニオン


英国で誕生、半裸の「執事コンパニオン」 (ロイター)


英国で半裸の男性ウェイターがパーティーなどでサービスを行う「執事コンパニオン」のビジネスがスタートし、評判を呼んでいる。
 
「執事」と呼ばれる男性ウェイターが身に付けているのはボウタイ、シャツの襟とカフス、そして短いエプロンだけ。
 
このビジネスを考案したのは、湾岸戦争とボスニア紛争に従軍したのちに事業家に転身した元英国海兵隊員のジェイソン・ディドコットさん。
 
ディドコットさんは、従来のストリッパーに代わる上品さを出すため、客がウェイターに触れないよう徹底するなど厳重なルールを設けている。またウェイターは採用前に、警察による綿密な検査を受けなくてはならないという。
 
ディドコットさんはロイターに対し「イメージしているのは執事の格好をしているジェームズ・ボンド」と説明。「パーティの後、お客さんは一緒に写真を撮ることができますが、それ以上のことはできません。酔っ払ってエプロンを取ろうとするお客さんには、お触り厳禁と言わせています」と述べた。
 
執事ウェイターの1人は「この仕事は最高です。これ以上お金を稼げる仕事は考えられません。最初はすごく緊張したけれど、食べ物を給仕したり、お客さんと話したりすることに気が行ってお尻が丸出しだなんてすぐに忘れてしまいます」と述べた。スタッフのバックグラウンドはさまざまで、俳優、ダンサー、学生から催眠術療法士までいる。
 
ディドコットさんは、男子禁制パーティなどに派遣するスタッフ75人を抱えているが、事業の拡大に意欲的を示しており「アメリカやオーストラリア、南アフリカあたりでもスタートしたいと考えています」と語った。


英国の執事といえば、カズオ・イシグロ原作の映画『日の名残』に出てくるアンソニー・ホプキンスの姿が思い浮かびますが、現代の英国執事はお尻丸出しですか(笑)。

いったいどういうパーティーに派遣されるのかというと、"hen party”という、結婚前の花嫁が女性の友人だけを集めて開くパーティー(記事中の「男子禁制パーティー」というのはこのことを指していると思われます。もともと、ヘン・パーティーには男性ストリッパー(消防士や警察官、軍服といったコスプレ系が特に人気)を呼んで楽しむことが多いそうです)とか、イギリスで急増中のゲイのウェディング・パーティーとかだそうです。

ちなみに、会社の名前は、「Butlers in the Buff」。「裸の執事」という意味です。


★ 「Butlers in the Buff」のHPはこちら(お尻丸出し画像多数あり♪)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック