風のファイター

映画 『風のファイター』 (04・韓国)


画像


ストーリー:1939年、朝鮮半島が日本の統治下にあった時代、少年チェ・ペダル(ヤン・ドングン)は使用人ボムスに「テッキョン(テッコンドーよりも古い東洋の伝統武芸)」を学び、強いファイターになるという夢を育てていた。しかし、ボムスは独立運動に関わっていたために当局に追われ、行方不明になる。
 師匠を失ったペダルはパイロットになるために日本へと密航し、航空学校に入学。だが、彼を待っていたのは冷たい差別だった。ある日、差別に対する怒りから教官を殴り倒してしまうペダル。しかし、武士の子孫である加藤大尉(加藤雅也)の前に無残に敗れてしまう。
 世の中に絶望し、失意の日々を送るペダル。やがて、日本は戦争に負け朝鮮は独立するが、ペダルには帰る家さえなかった。日本に残り、東京・池袋の闇市で友人のチュンベと小さなパチンコの露天を始めるが、市場を仕切る日本のヤクザたちにボロボロに打ちのめされる。公衆の面前で屈辱を受け、惨めな敗北感に打ちひしがれるペダル。しかし、ボムスと奇蹟の再会を果たした彼は、本来の自分の姿を取り戻すため、再び格闘家としての道を選び取ることを決心したのだった。
 そんなある日、ペダルは芸者の陽子(平山あや)が米軍兵士達から乱暴されそうになっているのに出くわし、その兵士達を殴り倒して陽子を助け出す。それをきっかけに友人となったペダルと陽子は、次第に互いへの想いを高め、幸せな時間を過ごすようになっていく。しかし、師ボムスがヤクザたちに殺されてしまったことで、蜜月は終止符を打たれる。師の遺骸の前で、自分の無力さを痛感し、悲嘆に暮れるペダル。「正義なき力は無能なり、力なき正義も無能なり」と悟ったペダルは、山奥での厳しい修練を決心し、人間の限界を超えるあらゆる苦痛に耐えるべく孤独で壮絶な戦いを選択する。
 やがて長く孤独な修業を終えたペダルは「自分は殺されても文句は言わない」という条件で、日本全国の道場を巡り、達人たちに決闘を挑み始めた…。


2004年夏、韓国で240万人以上を動員した本作は、極真空手の創始者・大山倍達をモデルとして描き、韓国で爆発的にヒットしたベストセラー・コミックを映画化したもの。主演は、ラッパーとしてもカリスマ的な人気を誇る若手演技派ナンバー1俳優のヤン・ドングン。日本からも、平山あや、加藤雅也、国分佐智子らが参加しています。

ストーリー的には先日見た「力道山」に近いものがありますが、いまひとつ主人公の内面を描ききれていないというか、武道家としての苦悩や葛藤などが伝わってこなかったです。あと、日本人を演じるのは日本人の役者にしてほしい。片言で聞き取りにくい部分があって、作りがいい加減に思えて残念でした。

でも、修行のシーンやアクションシーン(スタント、ワイヤー、CGなしらしい)はよく頑張ってるなと感心しましたし、「千日修行すれば初心を得られ、万日修行すれば極意を得る」とか「力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力である」など学ぶべき言葉もいくつかありましたね。


★ 「風のファイター」公式サイトはこちら


風のファイター 完全版

風のファイター 完全版 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平山あや、田中圭との熱愛を完全否定

    Excerpt: 俳優の石田卓也(20)と女優・平山あや(23)が8日都内で映画「キトキト!」(17日公開、吉田康弘監督)トークショーを行った。平山は一部で俳優の田中圭(22)との熱愛が報じられたが「あれはビックリ。デ.. Weblog: ダイエット食品@ダイエット食品情報館 racked: 2007-05-28 13:19