オールド・タウン その1


オールド・タウン(旧市街)は、エディンバラで最も古い地域。

これまでに紹介した、エディンバラ城、ホリールードハウス宮殿、ロイヤル・マイルを含んだ地域です。

中世の面影を残す歴史的建築物と、1824年の大火後の比較的新しい建築とが美事な調和を保っています。



画像

ロイヤル・マイルからスコットランド銀行(Bank of Scotland)本店を望む。




画像

スコットランド銀行は中央銀行ではありませんが、紙幣発行権があります。

スコットランドには紙幣発行券を持つ銀行が3つもあります。




画像

ちなみに、スコットランドの通貨単位は、スコットランド・ポンド。

スコットランド紙幣はイングランドでは受け取りを拒否されることもあります。

また、国際的には通用しません。悲しいかな…。




画像

スコットランド国教会のアセンブリー・ホール(General Assembly Hall)。

1859年築。エディンバラ大学神学部もこの一角にあります。




画像




画像

魚の骨のように、ロイヤル・マイルを背骨として
狭い路地がいくつも南北に伸びています。




にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年12月17日 12:51
スコットランドではイングランド紙幣は使えるんですか?
何だか財布の中がゴチャゴチャしそうですね~。
Gummo
2012年12月17日 13:13
よしこさんへ

スコットランドでもイングランドの紙幣は使えますよ。こちらは国際的なお札ですしね^^。レートは全く同じです。
スコットランド紙幣自体、3種類もあるわけで、それにもう1種加わっただけという感じですね(笑)。
ちなみに、硬貨はイギリス全体共通です。
さらにいえば、イギリス人はあまり現金を持ち歩かないので、財布がごちゃごちゃすることもそれほどないかもしれません(笑)。デビットカードや小切手を使うのが一般的です。

この記事へのトラックバック