エディンバラ散策 その3


今回は街の北側を散策してみましょう。

中心部の北方にはニュー・タウンが広がり、さらにその北には川が流れています。

ウォーター・オブ・リース(Water of Leith)と呼ばれるこの川沿いには遊歩道があります。

ここは観光客もあまり訪れない、エディンバラの「オアシス」的な場所。

街中の喧騒を離れ、自然を満喫しながら静かに散歩を楽しむことができます。



画像




画像




画像




画像




画像

ディーン・ビレッジ(Dean Village)。 "Water of Leith Village"とも。

穀物製粉の村として800年以上続いた由緒ある歴史的な集落。




画像




にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年12月30日 20:40
こんばんは
コメントありがとうございました
素敵なところですね!
私は未だ海外旅行の経験がないんですよ
もう後1日ですよ今年も(+o+)
良いお年をお迎え下さい
来年もよろしくお願い致します
Gummo
2012年12月30日 20:54
ねこちゃんさんへ

こんばんは。
自然が豊かな土地は落ち着きますね。
これはずいぶん前の写真を紹介してるんですが、また行ってみたいなと思います。

月日の流れは速いですね。
ねこちゃんさんも良いお年を~。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック