G's Bar

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のオススメ本 : 『あい』 高田郁

<<   作成日時 : 2013/03/18 08:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0


蘭方医にして北海道陸別町の祖・関寛斎(1830-1912)の妻あいの生涯を描いた物語。


切ないラストにほろり。心に余韻を残すいい小説でした。


まず、関寛斎という人物が凄いんです。

現在の千葉県東金市の農家に生まれ、佐倉順天堂で医学を学び、銚子で開業。

この時、ドラマ化もされた漫画「仁 -JIN-」にも出てくるヤマサ醤油当主の濱口梧陵と知り合い、

その支援を受けて長崎に留学。オランダ人医師ポンペに師事します。

その後は、士分を得て徳島藩主の侍医を務めました。


と、箇条書きにすると、栄達を望んで苦労なく手に入れたように思われるかもしれませんが、

医者や豪商の子息以外の者が医学を学ぶのには大変な苦労があったのです。

そして、その人柄は、質実剛健にして清廉高潔。

権勢におごる者を嫌い、弱者・差別される側に味方する。

医の道を真っすぐに志し、地位や名誉に決してとらわれません。


戊辰戦争時、官賊の区別なく治療行為に当たったり、

一度得た士分を自ら捨てて町医者に戻ったり、

古稀を過ぎてから、私財をなげうって北海道開拓に挑んだり。

あの司馬遼太郎が最も尊敬した医者というのもうなずけます。


その寛斎を励まし支え続けた妻のあいもまた凄いんです。

夫の医業の不振、子どもの相次ぐ死などの度重なる試練を

強く明るく乗り越えた、たくましき楽観主義。

関寛斎が残した偉大なる精神と共に、彼女もまた永遠の中に生き続けることでしょう。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村




あい
角川春樹事務所
2013-01-09
高田 郁

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日のオススメ本 : 『あい』 高田郁 G's Bar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる